ヘルぺス薬バルトレックス

ヘルぺス薬バルトレックス/感染を予防して快適な生活

ヘルペス薬バルトレックス

 

ヘルペス(正式には性器ヘルペス)は、セックスやオーラルセックスなどで感染する性感染症です。

 

ヘルペスウイルスは、細菌とは別の微生物で、細菌より小さく、他の生物の細胞内で増殖します。

 

症状は、性器や肛門の周囲に水泡ができて、ピリピリした痛みがあります。

 

発症のしかたには、初発型と再発型があります。

 

初発型は初めて感染して発症する場合で、再発型は治ったと思っても、ウイルスが体内の神経節に潜伏し、何らかの刺激があると再び暴れ出し、神経を通って皮膚や粘膜に現れて病変をつくります。

 

男性よりも女性がかかりやすい病気で、20代から30代前半の女性に多く、発症したことはなくても、日本人の5〜10%は性器ヘルペスウィルスのキャリアだと言われています。

 

性器ヘルペスを放置すると、女性は子宮頸管にまで感染が広がり不妊症になることがあるといわれています。

 

このヘルペスの特効薬が「バルトレックス」です。

 

バルトレックスはウイルスDNAの複製を阻害することにより、ウイルスの増殖を抑える効果があります。

 

性器ヘルペスかなと思ったら、産婦人科を受診して薬を処方してもらうのが最も安全で最良の方法です。

 

産婦人科を受診することに抵抗がある場合、個人輸入代行業者を利用してインターネットの通販でバルトレックスを購入する方法があります。

 

誰にも知られることが無く、自宅まで届けてくれるメリットは大きいと思います。

 

ただしバルトレックスの「ニセモノ」が大量に出回っていますので、信頼のおける個人輸入代行業者から購入してください。

 

このサイトで紹介している業者は、「正規品」のみを送料無料で販売している優良な業者です。

 

女性に多いヘルペスの薬バルトレックスの事ををもっと詳しく知りたい方は次のページから詳しく説明しています

 

ヘルペス薬バルトレックス効果

 

性器ヘルペス(GH)は再発を繰り返すことの多い病気です。

 

性器ヘルペスの原因となる単純ヘルペスウイルスは、いったん感染すると、症状が治まった後も神経の接続部分である神経節に潜んでいます。

 

ウイルスがおとなしくしている間は何の症状もありませんが、ストレスや免疫力が落ちた時などに何らかのきっかけでウイルスが再び暴れだすことがあり、性器の皮膚や粘膜で再発を起こします。

 

調査によると、80%以の人が1年以内に再発を経験しているほどです。

 

性器ヘルペスの治療は、この再び暴れだしたウイルスをいかに抑えるかが肝になります。

 

約8割の方が、性器ヘルペスの再発の前に予兆を感じています。

 

 

予兆は個人差がありますが、よくみられるものとしては、「患部がムズムズ・ヒリヒリする」、「軽い痒みが出る」などがあります。

 

性器ヘルペスは早く治療を開始するほど軽い症状に抑えることができます。

 

再発の兆しがみられたら、 できるだけ早く治療を開始しましょう。

 

再発を防ぐことはなかなか難しい性器ヘルペスですが、再発しても症状を軽くすることは出来ます。

 

「再発抑制療法」といって、毎日バルトレックスを飲むことで症状が現れる前にウイルスの増殖を抑え、その期間は再発を少なくする治療法です。

 

再発の症状は多くの人にとって大きなストレスになるものです。

 

再発ではないのに再発と思ってしまい、余計ストレスをためてしまう人も結構います。

 

治療が長期間にわたる性器ヘルペスなので、通販を上手に利用してお薬代を節約したいものですね。

 

性感染症にも治療効果のあるバルトレックスを上手に使って健康生活を送りましょう

 

ヘルペス薬バルトレックス性感染症

 

性器ヘルペスは性感染症です。

 

性感染症とは、「性的接触(性交やオーラルセックスなど)によって感染する病気」という定義で、STD(Sexually Transmitted Diseases)とかSTI(Sexually transmitted infection)とも呼ばれます。

 

性感染症には、性器ヘルペスの他に梅毒、エイズ、淋菌感染症(淋病)、性器クラミジア感染症などがあります。

 

少し前までは梅毒や淋病などは「性病」と呼ばれていましたが、新しい病気が増えたり、症状が現れない性感染症の危険性が重要視されるようになったため、分類の仕方が変わり正式に「性感染症」と呼ぶようになりました。

 

医学の進歩や食事の改善により、子供の身体の発達は進む一方です。

 

身体だけは成熟しても、正しい性の知識を持たないために、妊娠に至らなくても性器ヘルペスなどの性感染症に罹患する少女達は確実に増えています。

 

基本的にコンドームを付けていれば、妊娠も性感染症も防ぐことが出来るにもかかわらず、知識の不足とパートナーとのコミュニケーションがしっかりとれていないために、二人とも性感染症にかかってしまうケースも多数見受けられます。

 

統計からも、初交年齢が低い人や経験人数が多い人ほど性感染症にかかる人が多いのは事実です。

 

最近ではエイズ(HIV)については社会的に認知され、コンドームの使用促進キャンペーンなどが行われていますが、性感染症も命の危険性は低いにしても、不妊の原因にもなりますので 、学校などで早いうちから教育する必要があると思いますね。

 

 

バルトレックス・ジェネリック

 

ヘルペスの薬は、バルトレックスの他に「ゾビラックス」があります。

 

「ゾビラックス」にはジェネリック薬が発売されていて、先発薬「ゾビラックス」の半額以下と大幅な低価格で購入できるメリットがあるんです。

 

ゾビラックスジェネリックはインドのジェネリック製薬会社の最大手「シプラ社」が製造しています。

 

日本では国の借金を少なくする方策として、膨らみ続ける医療費を抑制する施策を進めています。

 

厚生労働省は、「後発医薬品(ジェネリック薬)のさらなる使用促進のためのロードマップ」を策定し、その中で「平成30年3月末までに、後発医薬品(ジェネリック薬)の数量シェアを60%以上にする」という目標を掲げているんです。

 

しかし、平成25年9月の薬価調査に基づく集計値では、後発医薬品(ジェネリック薬)の数量シェアは46.9%
であり、いっそうの普及推進が必要とされています。

 

 

その事を受けて、政府は平成26年度の診療報酬改定で、病院については診療報酬に大きく影響する「後発医薬品係数」を導入し、調剤薬局については、ジェネリックを使えば使うほど、収入が増えるような制度である、「調剤体制加算」を強化しました。

 

ちなみに、欧米諸国では新薬の特許期限が満了しジェネリック薬が解禁されると、1か月後にはジェネリック薬のシェアが80%に達する事は珍しくありません。

 

日本の医療関係者の間では、長い間ジェネリック薬の信頼性に疑問を持っており、ジェネリック薬が解禁されると、各製薬会社から「ゾロゾロ」ジェネリック薬が発売されるので、ジェネリック薬の事を軽蔑的な言い方で「ゾロ」と呼んでいたくらいなんです。

 

今後は政府の方針もあり、安全で低価格なジェネリック薬が「普通の処方薬」になる事は間違いないでしょうね。

 

抗ウイルス剤でヘルペスに効果のあるバルトレックスは早期に使用する事がポイントです。

 

ヘルぺス薬バルトレックス・抗生物質

 

ヘルペスの薬バルトレックスは、抗ウイルス剤というジャンルで、ウイルスの増殖を抑制する働きをするんです。

 

「抗生物質」との区別が難しい感じがしますが、抗生物質は細菌には威力を発揮しますが、細胞を持たないウイルスには効き目が無いんです。

 

なので、ヘルペスや風邪やはしかなど、ウイルスが原因となっている病気に対しては抗生物質が効くことはないんです。

 

また、抗生物質を多量に体内に入れると、自分自身の抵抗力を弱めてしまい、かえって病気になり易くなってしまう危険性があるんです。

 

しかし、抗生物質は画期的な薬で、特に有名なのが「ペニシリン」ですね。

 

ペニシリンはイギリスの細菌学者アレクサンダー・フレミングによって1928年に発見されました。

 

青かびから分泌されるカビ汁の殺菌作用の発見がきっかけだったのは有名な話です。

 

ペニシリンは第二次世界大戦で、多くの戦病兵を助けるのに役立ちました。

 

その実績からフレミングは、1945年にノーベル生理学・医学賞をほかの研究者二人と共同受賞しました。

 

もう一つ有名な抗生物質に、結核菌に対抗するストレプトマイシンもありますよね。

 

抗生物質の開発によって、感染症が完全になくなると期待されましたが、抗生物質を多用する事で耐性を持った新たな細菌が出現してしまうと言う事態になってしまいました。

 

ヘルペスなどウイルスが増殖する事で起こる病気と、細菌の感染による病気で、抗ウイルス剤と抗生物質を使い分けることが重要なんです。

 

 

ヘルぺス薬バルトレックス・帯状疱疹

 

帯状疱疹もヘルペスと同じく、ウイルス(帯状疱疹ウイルス)によって発症する病気です。

 

帯状疱疹ウイルスは、子供がかかる水疱瘡と同じ原因ウイルスなんです。

 

水疱瘡は、発症後一週間ほどで治癒しますが、ウイルスは身体の神経節という神経細胞が集まった部分に潜んでいて、何十年も潜伏し続け免疫力が低下した時にウイルスが再び活動を始めるんです。

 

過労やストレス、高齢化などによって免疫力が低下すると、ウイルスが神経節から復活し、皮膚に帯状の水ぶくれを作るんです。

 

この帯状の症状から「帯状疱疹」という名前が付いたんですね。

 

症状は、最初は皮膚にチクチクするような痛みが起こり、痛みを感じた場所にブツブツとした赤い発疹が出来るんです。

 

このブツブツが水ぶくれとなって帯状に広がっていきます。

 

帯状疱疹が出来る場所は、胸から背中、腹部によく見られますが、顔や手足にも現れることがあります。

 

特徴としては、症状が現れるのは体の右か左かどちらかで、一度に2か所以上の場所に現れることはほとんどないという事です。

 

治療としては、バルトレックスなどの抗ヘルペスウイルス薬」の内服が基本ですが、重症化した場合は入院して抗ウイルス薬の点滴をします。

 

感染については、帯状疱疹ではなく水痘(水疱瘡)として感染し、水疱の中に存在する水痘・帯状疱疹ウイルスの接触性の感染なので、発症した子供などを抱くときには感染の恐れがあるので注意が必要なんです。

 

特に妊娠している女性は、発症している子供との接触は避けなければなりません。

 

 

 

ヘルぺス薬バルトレックス・単純ヘルペス脳炎

 

日本では年間100万人に3・5人と非常にまれですが、ヘルペスウイルスが引き起こす「単純ヘルペス脳炎」と言う病気があります。

 

原因は、主として単純ヘルペスウイルス1型(口唇ヘルペス)によります。

 

あまり重い病気を引き起こすことのないヘルペスウイルスが、死亡に至るような症状を引き起こす原因ははっきり分かっていませんが、嗅神経を経由しての感染や血液を経由してよくできる部位である大脳辺縁系を侵すと推定されています。

 

高齢者の単純ヘルペス脳炎の発症については、中枢神経系にヘルペスウイルスが潜伏しており、何らかの原因で活動を始めるという仕組みも有力と考えられています。

 

症状の現れ方は、発熱、意識障害、けいれん発作が必ず起きる症状とされています。

 

幻覚、記憶障害、失語症などの言語障害も現れます。

 

死亡に至る率は20〜30%とされており、意識障害が比較的軽く、精神症状を主とする軽い症例も多々見られます。

 

診断は、臨床所見、髄液、脳波、CT・MRI所見、ウイルス学的検査などを参考に診断を行います。

 

ヘルペスウイルス抗体は一般の健常者も持っているので、ペスウイルスに対する時間の経過での変動や髄液系での異常なウイルスの増加を示す必要があります。

 

治療法は、気道の確保、栄養の維持などが重要で、体温、脈拍、血圧、呼吸などにも注意が必要です。

 

発熱・髄膜刺激症状、意識障害、けいれん発作、幻覚、記憶障害などが現れたら、この病気が疑われます。

 

ヘルペスウイルスによる脳の破壊が進む前に抗ウイルス薬を投与することが大切と言われています。

 

神経内科、内科、小児科などに緊急入院が必要とされています。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ